“わらわやみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
瘧病100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今月の十幾日ごろから私は瘧病わらわやみにかかっておりましたが、たびたびの発作で堪えられなくなりまして、人の勧めどおりに山へ参ってみましたが
源氏物語:05 若紫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
その時分に尚侍ないしのかみが御所から自邸へ退出した。前から瘧病わらわやみにかかっていたので、禁厭まじないなどの宮中でできない療法も実家で試みようとしてであった。
源氏物語:10 榊 (新字新仮名) / 紫式部(著)
源氏は瘧病わらわやみにかかっていた。いろいろとまじないもし、僧の加持かじも受けていたが効験ききめがなくて、この病の特徴で発作的にたびたび起こってくるのをある人が
源氏物語:05 若紫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
山の上の聖人の所へ源氏の中将が瘧病わらわやみのまじないにおいでになったという話を私は今はじめて聞いたのです。
源氏物語:05 若紫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
その後源氏は瘧病わらわやみになったり、病気がなおると少年時代からの苦しい恋の悩みに世の中に忘れてしまうほどに物思いをしたりして、この年の春と夏とが過ぎてしまった。
源氏物語:06 末摘花 (新字新仮名) / 紫式部(著)