“らいらく”の漢字の書き方と例文
語句割合
磊落100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時代の代表的剣客で、恬淡磊落であり、仕官を嫌って生涯仕えず、市井遊侠の徒と多く交わり、無拘束をもって終始したという。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
磊落で剛膽な渡邊君と、綿密で神經質な野村君とは、二人の體格と服裝とからしておもしろい對照を見せてゐた。旅の空の氣輕さ。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
と、鼻をひょこつかせるようにしながら、この磊落な大泥棒は、そのままいいほどの間合をおいて、雪之丞の乗物をけはじめた。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)