“やつばら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
奴輩48.6%
奴原45.9%
奴儕5.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あいつらもともと汚い奴輩やつばらだ。この春討って捨てようと思ったのに、手延びにして残念だ!」と、歯噛みをして口惜しがった。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
退けーッ。おか退がって、敵の奴輩やつばらを、寄せては叩け、寄せては突き伏せろ」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
帝王何かあらんや、どころではなく、生来帝王の天質がなく、帝王になったところで、何一つ立派なことの出来る奴原やつばらではないのである。
日本文化私観 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
かういふことに敏感で、特に根に持つ秀吉だから、関白を怖れぬ不届きな奴原やつばら、と腹をたてた。
二流の人 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
図書 (きつつ)おなさけ余る、お言葉ながら、活きようとて、討手の奴儕やつばら、決して活かしておきません。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
御坊ごばう、なぞこの世の中にはまことなき奴儕やつばらがはびこつて、正しきものがしひたげられるのでござらうな。
佐々木高綱 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)