“やしゃおう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
夜叉王87.5%
夜叉主12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中軍の勝頼は、夜叉王やしゃおうのように怒号していた。そして、万一に備えておいた予備隊まで、ことごとく前面へ押し出したのである。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そういって、丸彦はむちを捨て、両手を広げてつっ立ちました。夜叉王やしゃおうも、こしの大きな刀をそこにおき、両手をひろげてつっ立ちました。
長彦と丸彦 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
夜叉主やしゃおうとしては、こんなにみんなからうやまいあがめられている観音様かんのんさまを、わるだくみのたねに使ったことが、とてもくやまれてならないからでした。
長彦と丸彦 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)