“ひとかぜ”の漢字の書き方と例文
語句割合
一風100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何となく湿しめっぽい気がして、しかも湯滝ゆだきのあとを踏むように熱く汗ばんだのが、さっ一風ひとかぜ
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
落花は繽紛ひんぷん、その時、一風ひとかぜ吹きて。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)