“はたん”の漢字の書き方と例文
語句割合
破綻100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし神の誠実性を以て知識の客観性を基礎附けるという如きは、何らの論理性をたない。主語的論理の破綻を示すものである。
デカルト哲学について (新字新仮名) / 西田幾多郎(著)
格闘者の群れが舗道の石をける靴音との合奏を聞かせたり、あるいはまた終巻でアルベールの愛の破綻と友情の危機を象徴するために
映画雑感(Ⅰ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
どう言う破綻を生じますか? 『色や形は正に美しい。が、畢竟それだけだ』——これでは少しも桜の花をしたことにはなりません。
侏儒の言葉 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)