“どんじゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
鈍重100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて小川先生がのっそりはいって来て次郎の横にこしをおろし、その鈍重どんじゅうな眼で、じっとかれの顔を見つめた。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
氏は、取りすました花蝶かちょうなどより、妙に鈍重どんじゅうな奇形な、昆虫などに興味を持ちます。