“とんきょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頓狂85.2%
頓興13.0%
頓驚1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ああ、ムーさんだわね、向うから二番目に、キミちゃん、まだ寝ているわ」と女給頭のお富が彼の膝頭の辺から頓狂な声をあげた。
国際殺人団の崩壊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
眉の濃い、眼の可愛い、倔強な田舎者らしい骨格をしながら色の少しい、真面目な様で頓興な此十七の青年と、著者の家族は大分懇意になった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「あははのはあ」と頓驚な笑いでになる。
随筆 寄席風俗 (新字新仮名) / 正岡容(著)