“とばっちり”の漢字の書き方と例文
語句割合
飛沫100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飛沫とばっちりを受けたので、眉をひそめながら膝を拭いている婆さんや、足袋たびの先を汚された職人もいたが、一番迷惑したのは私であった。
深川の散歩 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
今度は村の人へ飛沫とばっちり