“てんてこまい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
天手古舞40.0%
転手古舞40.0%
転手児舞20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実に無量の、また極度の迅速生産である事実が、次のしつへ移ってもまた、幾百の女の二十日鼠がいかに天手古舞てんてこまいであることか。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
ために白蟻大いに繁昌し、ついに紀三井寺から和歌山城の天主閣まで食い込み、役人らなすところを知らず天手古舞てんてこまいを演じ、硫黄で燻べんとか、テレビン油を撒かんとか、愚案の競争の末、ついにこのたび徳川侯へ払い下げとなったが、死骸を貰うた同前で行く先も知れておる。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
そこで料理人は転手古舞てんてこまいで、材料の吟味はもとより、ろくろく庖丁ほうちょうも研ぐひまがないという景気になる。
翻訳のむずかしさ (新字新仮名) / 神西清(著)
古風なかまどに茶釜を懸けて湯を沸かしていたお婆さんは、一時に押寄せた大勢の客に、転手古舞てんてこまいを演じていたのも無理はない。
私は私でそのさなかに電話口に突立って、八方からかかって来る吉報に転手児舞てんてこまいをしなければならなかった。
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)