“つきたふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
突倒100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わからんかい、白痴たはけめが。)と、ドンとむねいて、突倒つきたふす。おもちからは、磐石ばんじやくであつた。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
なんかと突倒つきたふして、なはから外へ飛出とびだ巡査じゆんさつままれるくらゐの事がございますが、西京さいきやうは誠にやさしい、
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)