“つかわしめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御使姫33.3%
神使33.3%
遣使33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なあ若先生。魂消たまげなさる事はない。これあ芽出度い事ですばい。たとい精神異状者きちがいじゃろが、唖女じゃろが何じゃろが、これあ福の神様ですばい。何も知らじい来た、今日のお祝いの御使姫つかわしめですばい。何とかして物置の隅でも何でも結構ですけに、置いてやって下さいませや。
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
群鴉むらがらすが啼き声を高く上げて、神使つかわしめのように飛んで行く。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「それではいよいよ津島神社のお遣使つかわしめかもしれないぞ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)