“つうず”の漢字の書き方と例文
語句割合
通途100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人世の困難に遭遇であって、独りで苦悩して独りで切抜けると云うは俊傑すぐれものる事、なみ通途つうずの者ならばそうはいかぬがち。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
三昧のじょうを出て説いたのは通途つうずの経文である。