“ぢもく”の漢字の書き方と例文
語句割合
除目100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
将平員経のみではあるまい、群衆心理に摂収されない者は、或は口に出していさめ、或は心に秘めて非としたらうが、興世王や玄茂が事を用ゐて、除目ぢもくが行はれた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
男の父は今度の除目ぢもくに、陸奥むつかみに任ぜられた。
六の宮の姫君 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)