“ちまなこ”の漢字の書き方と例文
語句割合
血眼100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いざ——という日でも、集まる雑兵はいくらでも集まるが、求めても容易く来ないような人物を、今は各藩で血眼に探しているのだ。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いまから血眼で部屋を探しとる……こいつのサービスで、あそこにケチンをこしらえとけば、階下と二階を、月五万円ずつで貸せますよ。
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
嘲笑罵声を聞くたびに千三は頭に血が逆上して目がくらみそうになってきた。かれが血眼になればなるほど、安場のノックが猛烈になる。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)