“すずき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
82.6%
鈴木14.5%
鈴喜1.4%
須々木1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
源太は釣りの名人で、どんな漁師も鱸釣りでは彼にかなわなかった。或る年のこと某県の知事が来て、源太の舟で鱸釣りをした。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
明治十一年のこと、当時私は廿五歳の青年であったが、東京へ上京して四年後で、花園橋ぐ近所の鈴木某氏の門弟であった頃だ。
死神 (新字新仮名) / 岡崎雪声(著)
こうして鈴喜の家の内外では、槍の紛失から青くなって騒いでいる時分に、外から一つの報告がありました。
大菩薩峠:20 禹門三級の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
いけねえ、いけねえ、平さんは鈴喜の庭へ引張り込まれてしまった。
大菩薩峠:20 禹門三級の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
九州の住人、須々木四郎と名乗って雨の如く射かけたから堪らない。
四条畷の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)