“じじいじじい”の漢字の書き方と例文
語句割合
爺々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何も好男子でなくてもよいし、実際の年は貞之助より上であっても構わないが、二人並んでさかずきをする時に、花婿はなむこの風采があまり爺々じじいじじいして見えるのでは、雪子が可哀かわいそうでもあるし、折角世話をした自分達にしても、列席の親類達に対して鼻を高くすることが出来ない。
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)