“しんぼくくわい”の漢字の書き方と例文
語句割合
親睦会100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左様ですつてネ、雛妓落籍して、月々五十円の仕送りする交際も、近頃外国で発明されたさうですから——我夫、明日の教会の親睦会は御免を蒙ります、天長節は歌舞伎座へ行くものと
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
魂胆の在る所です、其れ程に仕組まねば我が同志を欺くことは出来ないのだ、現に見給へ、既に除名とまつて居る教会の親睦会へ、かも山木の別荘で開いた親睦会へ出席したのは何故であるか
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)