“しんにわか”の漢字の書き方と例文
語句割合
新仁和賀100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春は桜のひよりかけて、なき玉菊が燈籠の頃、つづいて秋の新仁和賀には十分間に車の飛ぶ事この通りのみにて七十五と数へしも、二の替りさへいつしか過ぎて
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
なき玉菊が燈籠の頃、つづいて秋の新仁和賀には十分間に車の飛ぶことこの通りのみにて七十五と数へしも、二の替りさへいつしか過ぎて、赤蜻蛉田圃に乱るれば、横堀になく頃もきぬ。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)