“しんちようぐみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新徴組100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかも誰にも恐れられてゐた「新徴組」の一人に違ひなかつた。かれは叔父を尻目にかけながら、にやにや笑つて歩いてゐた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
で、さういふ者を檢擧する爲に、新徴組といふものが出來た。そのには、の有名な土方歳三や、近藤勇といふやうな人もつて居た。そして其の支配が出羽の庄内の酒井左衞門尉
兵馬倥偬の人 (旧字旧仮名) / 塚原渋柿園塚原蓼洲(著)