“しんがぽうる”の漢字の書き方と例文
カタカナ:シンガポウル
語句割合
新嘉坡100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新嘉坡香港などで夏花の盛りに逢つて来た鏡子は、この草や木を見て、東ののつゝましい国に帰つて来たと云ふ寂しみを感じぬでもなかつた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
コロンボと過ぎて新嘉坡に船の着く前に、恋しい子供達の音信が来て居るかも知れぬと云ふに心を引かれたのと一緒で自身のために此処迄来て居る身内のあるのを予期して居たからである。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)