“しろびたい”の漢字の書き方と例文
語句割合
白額100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四つ白足白額や、柑子栗毛や姫栗毛や、好みの駒にまたがって、暁近い空の光と、篝火とに姿明るめて、雄々しく来ては宣りをあげ、別の木戸から消えて行った。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その猛吼飛跳も次第に弱まり、いくたびか棒をんだが、その棒テコでも苦闘に落ちる。武松は迫って、また白額の毛の根をつかみ、十二十打の鉄拳をつづけさまにした。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)