“しよたいくづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
世帶崩50.0%
所体頽50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後ろにましく控へたのは、二十二三の内儀、白粉も紅も拔きにして少し世帶崩れのした、——若くて派手ではありませんが、さすがの平次も暫らく見惚れたほどの美しい女でした。
おのれが乗物の顔して急ぐ気色も無くる後より、蚤取眼になりて遅れじと所体頽して駈来る女房の、嵩高なる風呂敷包をくが上に、四歳ほどの子を背負ひたるが
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)