“しよじよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
初叙50.0%
沮洳50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「上卿日野中納言、万延二年二月三日宣旨、法橋磐安、宜叙法眼、奉蔵人右中辨兼左衛門権佐藤原豊房。」按ずるに初叙の法眼は例が無いので
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
日輪寺は今の淺草公園の活動寫眞館の西で、昔は東南共にに面した角地面であつた。今は薪屋の横町の衝當になつてゐる。寺内の墓地は半ば水に浸されて沮洳の地となり、を生じを生じてゐる。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)