“しようへき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
墻壁50.0%
牆壁50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに於てか電火ひらめき、万雷はためき、人類に対する痛罵薬綫の爆発する如く、所謂「不感無覚」の墻壁を破りぬ。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
ものある時は牛飲馬食、一夜の隙に酒池肉林、傾け尽くすその楽しき、師弟の間に牆壁を置かず。
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)