“しょざむらい”の漢字の書き方と例文
語句割合
諸侍100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狂言「入間川」に、入間言葉のさまごとの滑稽から、自分で川の深みにり込んだ大名が、「諸侍」に欲しくも無い水をくれた程に、「成敗するぞ」と大威張りに威張ったところがある。
阿蘇ノ大宮司惟時、出雲の宇佐兵衛ノ助景の手の者が、まっさきに来て、ご警固に付き、新田の諸侍、千葉、宇都宮、そのほか戦線から脱落していた軍兵なども、北白川から志賀越えへかけては
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)