“しょくもう”の漢字の書き方と例文
語句割合
嘱望100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日、卯木夫婦が連れていた若者は、幼名を観世丸といっていたが、やがて観世を姓に直して、まだ二十五の若手ながら、大和結崎座の観世清次と、未来を嘱望されている者だった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大胡坐をかいた泰軒居士が、じっと眼をつぶっているのは、今、柳生対馬守の嘱望もだしがたく、命を賭けて神馬の像をもうと、このたびの日光造営にくわわっていったあの作阿弥を
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)