“しょかんようし”の漢字の書き方と例文
語句割合
書翰用紙100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の上に取りえて積み重ねてある、封筒だの書翰用紙だのだの書物だのが彼の眼についた。それは先刻へ入れて彼がここへ持って来たものであった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
包の中には試しにを通したばかりの例の褞袍平絎寝巻紐這入っているだけであったが、の中からは、楊枝だの歯磨粉だの、使いつけたラヴェンダー色の書翰用紙だの、同じ色の封筒だの
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)