“しゆうね”の漢字の書き方と例文
語句割合
執念100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その上何が故に柵家へ、青幇の連中がそう迄執念しゆうねく、仇をするかということに就いても、発見することは出来ませんでした。
かく執念しゆうねく愛せらるるを、宮はなかなかくも浅ましくも思ふなりけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)