“しゅうおや”の漢字の書き方と例文
語句割合
主親100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
万一甚太夫に遅れては、主親しゅうおやをも捨てて一行に加わった、武士たる自分の面目めんぼくが立たぬ。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
彼が尋ねているものは、主親しゅうおやのかたきでもない、家の宝物でもない。
小坂部姫 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)