“しばつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
私伐50.0%
柴積25.0%
私閥25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いかにも大寺にて祈祷の二字を大書したる竪額は 順徳院の震筆なりとぞ。(佐渡へ遷幸のときの震筆なるべし)門前に直江山城守の制札あり、放火私伐ずるの文なり。
が曳く柴積子が乗りてその頬かぶり寒がり行きぬ
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
(この一事だけではない。思えば、柳営のれは久しい。私閥のばっこだ。将来の御政道にとって、おもしろくない事だ)
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)