“さりゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
左柳33.3%
左龍33.3%
蓑笠33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きはてし旅もこの頃恋しくて 左柳
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
肌寒い夜風がに吹きこんだ。「蓑笠——」と彼は口につぶやき、刀を腰におとして袂のなかに腕を組んだ、「——独り耕す石水の浜」
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)