“さゆり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小百合66.7%
早百合33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夢に見し白き胡蝶の忘れ羽かあらず小百合さゆりのそのひと花か
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)
には、はた巖根いはね小百合さゆり
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
「戻橋だな、扇折の早百合さゆりとくるか、すごいぞ、さては曲者くせものだ。」
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
はい、あのこないだからいつでもお頼みなさいますんでございますが、そういう風に御存じのではないのですよ。やっぱり私達が、名を聞いておりますとおり、芝居でいたします早百合さゆり姫のことで、富山には黒百合があるッていうから、欲しい、どんな珍らしい花かも知れぬ。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)