“こんがうきやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
金剛経100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唯その日禅超は、錦木のもと金剛経こんがうきやう疏抄そせうを一冊忘れて行つた。
孤独地獄 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)