“くろさかびつちうのかみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒坂備中守100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
講釈かうしやくはう越前国ゑちぜんのくにでうたに朝倉左衛門尉義景あさくらさゑもんのじやうよしかげ十八にん侍大将さむらひたいしやううちに、黒坂備中守くろさかびつちうのかみふ、これはわたし隣国りんこく
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)