“ぎほうし”の漢字の書き方と例文
語句割合
魏法師100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
喬生は恐れて寺を走り出て隣家まで帰り、そのは老人の家に泊めてもらって、翌日玄妙観げんみょうかんと云う道教の寺にいる魏法師ぎほうしもとへ往った。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
玄妙観げんみょうかん魏法師ぎほうしもとの開府の王真人おうしんじんのお弟子で、おまじないでは当今第一ということであるから、お前も早く行って頼むがよかろう」