“きやうくわう”の漢字の書き方と例文
語句割合
恐慌100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今ま貴女のせられた金山と言ふ大名華族の老人が、其頃小米と申す婦人を外妾の如く致して居たので、雇主——其の芸妓屋に於ては非常なる恐慌し、又た婦人の実母からは
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)