“きふつかひ”の漢字の書き方と例文
語句割合
急使100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
撰みて元服させ表向養子披露もせんとて色々其用意などしける處に或時本店の加納屋より急使來り同道にて參るべしとの事故餠屋亭主は大いに驚き何事の出來せしやと取物も取敢ずぎ本店へきけるに利兵衞は餠屋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)