“きゅうつかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
急使100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その前から江戸に出て来て下谷に居た緒方先生が、急病で大層吐血したと云う急使に、私は実にした。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)