“きびだんご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
黍団子60.0%
吉備団子20.0%
黍團子20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
団子は煮た黒い黍団子きびだんごであった。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
可愛かあいらしい狐の女の子が黍団子きびだんごをのせたお皿を二つ持って来ました。
雪渡り (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「それはもとより鬼が島を征伐したいと志した故、黍団子きびだんごをやっても召し抱えたのだ。——どうだ? これでもまだわからないといえば、貴様たちも皆殺してしまうぞ。」
桃太郎 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ただそのくらいな見識を有している吾輩をやはり一般猫児びょうじの毛のえたものくらいに思って、主人が吾輩に一言いちごんの挨拶もなく、吉備団子きびだんごをわが物顔に喰い尽したのは残念の次第である。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
太郎たらう黍團子きびだんごなぞら
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)