“きびだんご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
黍団子60.0%
吉備団子20.0%
黍團子20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のみならず途中の兵糧ひょうろうには、これも桃太郎の註文ちゅうもん通り、黍団子きびだんごさえこしらえてやったのである。
桃太郎 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それは今日の昼飯ひるめしに怪しい僧にもけ、じぶん達もったような三個みっつ黍団子きびだんごであった。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
もし拙者の御伴おともするものがあるなら、吉備団子きびだんごの一つくらいは差し上げてもよろしい。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
この間は岡山の名産吉備団子きびだんごをわざわざ吾輩の名宛で届けてくれた人がある。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あは粟餅あはもちあはきびはお前達まへたちのお馴染なじみ桃太郎もゝたらうこしにさげて黍團子きびだんごきびです。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
太郎たらう黍團子きびだんごなぞら
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)