“かりぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
借着50.0%
仮衣33.3%
借衣16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
借着かりぎ浴衣ゆかた一枚で、障子へつらまったまま、しばらく茫然ぼうぜんとしていたが、やがて我に帰ると、山里の春はなかなか寒いものと悟った。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
和尚の借着かりぎか、久しぶりの行水を浴びたあと、白上布しろじょうふをさっぱりと着て、
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
開豁が朴茂に感染れたから、何処どこ仮衣かりぎをしたように、恰当そぐわぬ所が有ッて、落着おちつきが悪かッたろう。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
——ただし、上げましょう拳銃を——と言う意味は——打方を教えよう——だとばかり思ったのに、乳の下の藤色のタオルのまま、引寄せた椅子の仮衣かりぎの中で、手提てさげをパチリとあけて……品二つ——一度取上げて目でめて——この目が黒い
借衣かりぎである。
花燭 (新字新仮名) / 太宰治(著)