“かたどるに”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「舜典」に「かたどるに典刑」といい、呉氏がこれを解釈して、「刑を用うるところの象を図して示し、智愚をして皆知らしむ」といい
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)