“おさた”の漢字の書き方と例文
語句割合
御沙汰100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうせ、恐入るものをさ、あとで気がつけば青森へ着いてからでも御沙汰おさたは同じだものを、ちっとでも里数の少い方がおわびがしいいだろうでもって、馬鹿さがたまらない。
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)