“おくりむかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
送迎100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて宗山とか云う盲人、おの不束ふつつかなを知って屈死した心、かくのごときは芸の上の鬼神おにがみなれば、自分は、葬式とむらい送迎おくりむかい、墓に謡を手向きょう、と人々と約束して、私はその場から追出された。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お島はちいさい時分この作という男に、よく学校の送迎おくりむかいなどをして貰ったものだが、養父のおいに当る彼は、長いあいだ製紙の職工として、多くの女工と共に働かされたのみならず、野良仕事や養蚕にも始終苦使こきつかわれて来た。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)