“おおかみなり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大雷鳴66.7%
大雷33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小屋を吹き飛ばすような大あらしも、山がくずれるような大雷鳴おおかみなりも、めったにこの少年を驚かすほどのことはなかった。
木曽の旅人 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「若い女が、あの大雷鳴おおかみなりの中を、裸体で屋根を渡るのは容易のことじゃないぜ」
と、そのとき大雷おおかみなりの落ちたような音響がした。それと共に、僕が踏まえている大地が地震のように揺れた。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)