“あくまで”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
飽迄89.5%
厭迄5.3%
鉋迄5.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論もちろんこの問題もんだい專門家せんもんかよつ飽迄あくまで研究けんきうされねばならぬのであるが。
建築の本義 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
父といふ人は、強慾がうよくで、そして我執がしふの念の強い、飽迄あくまでも物質よくさかんな人物であツたらしい。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
『なツす、先生様ア。』とお常は厭迄あくまで曇りのないクリクリした眼で調戯からかつてゐる。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
われ/\は鉋迄あくまでもわれ/\の新しい思想や感情に即することによって
文章を作る人々の根本用意 (新字新仮名) / 小川未明(著)