“あくしゅ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アクシュ
語句割合
握手87.5%
悪手12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
王子はたれとも握手あくしゅをかわして、にぎやかに、またにこやかにわらっていました。そのあいだも、音楽は、この晴れがましい夜室にひびきつづけました。
祭司次長がすぐ進んで握手あくしゅしました。みんなは歓呼の声をあげ熱心に拍手してこの新らしい信者をむかえたのです。
ビジテリアン大祭 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「明らかに悪手あくしゅだな。兵書の説かざるところだよ。婆羅門バラモンの秘巻にも(手紙は一度二度目は殿御がお直々)といふ明文が見えてをる」
西東 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
みずから、南もまだ片づかぬまに、また北へ大軍を分かち、あまつさえ、大坂城を留守にするなどという悪手あくしゅを、どうして秀吉ほどな人がやるのかしら? ……と、疑われてならないのだ。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)