“せいさい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
精彩22.7%
制裁18.2%
醒斎13.6%
精細13.6%
正妻9.1%
生彩9.1%
盛際4.5%
聖祭4.5%
臍斎4.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その代り彼の眼には、普通の人間にとうてい見るべからざる一種の精彩せいさいひらめいた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかし、第一回出征の時とは、格段な精彩せいさいを以て、任地へ着いたので、よろこびは正直に顔からあふれている。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
左樣さやうさ、一旦いつたん無事ぶじ本國ほんごくかへつてたが、法律ほふりつと、社會しやくわい制裁せいさいとはゆるさない、嚴罰げんばつかうむつて、ひどつて、何處いづくへか失奔しつぽんしてしまいましたよ。
そりや女の驕慢けうまん根性こんじやうに對する自然の制裁せいさいさ。ところで嬰兒あかんぼに乳を飮ませるのがえらいかといふに、犬の母だツて小犬を育てるのだから、これも自慢じまんにはならん。
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
○さて此事たあいもなき小どものたはむれとのみおもひすぐししに、醒斎せいさい京伝翁が骨董集こつとうしふよみ本拠ほんきよある事を発明はつめいせり。
○さて此事たあいもなき小どものたはむれとのみおもひすぐししに、醒斎せいさい京伝翁が骨董集こつとうしふよみ本拠ほんきよある事を発明はつめいせり。
かれ薄手うすでな、純白じゅんぱく陶器とうきあい金粉きんぷんとで、花鳥かちょうや、動物どうぶつ精細せいさいえがくのにちょうじていたのであります。
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「と申したところで、水茶屋では公儀へのきこえもあることだからとても正妻せいさいになおすというわけにはいかんが、一生その、なんだな、ま、めかけということにしてだな、そばへおいて寵愛ちょうあいしたいと思う」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
武士道ぶしどうと言えば、女は眼中がんちゅうにないような風に言われながら、正妻せいさいとなるとなかなか格式を与えて十分な権利を主張せしめている。
女性崇拝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
なんという生彩せいさいのないじぶんたちであろう。
(新字新仮名) / 新美南吉(著)
近ごろめっきり数正の顔には深いしわがきざまれていた。皮膚のいろにも生彩せいさいがなく、笑いを忘れていることが久しい。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然らばすなわち吾が党、今日の盛際せいさいに遇うも、古人のたまものに非ざるをえんや。
慶応義塾の記 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
これを言出いひいでたるのち、いのちをはり、又これを言出でたるあとは、かしらを胸にれて、あたかも老僧が聖祭せいさいを行ひつゝ絶命する如くならむ。
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)
其作者は序文によると臍斎せいさい主人飯袋子はんたいしといい、明和七年の出版となって居るから、三馬歿年の文政四年を距ること正に五十二年である。
春水と三馬 (新字新仮名) / 桑木厳翼(著)