“黒鶏”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
からすとり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「——おら家の鶏ども、白色レグホンだって、ミノルカだって、アンダラシャだって、どいつもこいつも、みんなはあ、黒鶏からすとりみてえになってるから。」
黒い地帯 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)