“黒門町”の読み方と例文
読み方割合
くろもんちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上野広小路の山崎(油屋)の横を湯島男坂の方へ曲って中ほど(今は黒門町か)に住んでいました。この人が常に私の宅へ遊びに来ている。
ひとまわりごとに黒門町の四ツ目屋へ行って生きた蠑螈を買い、数負さまの天井へ打ちつけておりました。……咒いの秘伝では、ひとまわりを一日でもすごすとその人の身に祟りがあるということ。
顎十郎捕物帳:24 蠑螈 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「……黒門町
青い紐 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)